早速リコール

対象はハイブリッド車とのこと

ホンダが新型フィットを早速リコールしましたね。

 

対象はハイブリッド車とのことで、エンジンやミッション系に不具合があって最悪の場合は動かなくなるんだとか。まぁ、今回対象となる機器はホンダにとっては全く新しい部品なので、リコールされてもしょうがないのかなという気はしますし、考えようによっては早いうちに見つかって良かったとも言えます。

 

やはりハイブリッドに関しては、十年以上の経験を持つトヨタの方が一日の長がありそうです。

 

今回のフィットのように全く新しいものを採用するときには、どんなにお金と時間をかけて研究所で実験しても、全ての不具合は追い切れないのは仕方のないことだと思います。もともと新型の車というのは新しい部品が多い分だけリコールの確率は高くなってしまいますし、都市伝説かもしれませんが工場の人達も作り慣れていないから出てすぐの車は避けた方が良い、という意見もありますね。
そうはいっても10年前の車でもリコールされるものもあるし、結局は古くても新しくてもリコールされることはある、ということを頭の隅にでも置いておいたほうが良さそうです。車に乗るほうとしてもリコールされたからといって目くじらをたてず、人間のやることには限界があるということを理解することも大切ですね。