側がオデッセイを買ったので運転へ

金曜日のミッドナイト、今日オデッセイを買った周囲が「くだもの公園に走行に行こうぜ!」と誘ってきました。身は二つ返事で可して、夜中の走行に行くことになりました。

 

暗くなった山道を好きなMusicをかけながら、歌を口ずさみくだもの公園を目指します。オペレーションには自信のある周囲ですが、最初のうちは荒っぽいオペレーションで、幾らか恐ろしくなりました。ただし、友人のオペレーションはほんとに得意出向くて、慣れると真実味して補佐座席に座っていられます。

 

くだもの公園に向かう途中で、金曜日のミッドナイトということもあって「歩き屋」に良く遭遇しました。山道を猛スピードで抜かす連中は、オペレーションテクノロジを競っているのでしょう。ただし、道には各所で花やタイヤ跡などの崖下に落下したであろうモデルの痕跡があって、断然たとえオペレーションテクノロジに確信があっても山道を移すのは災いだと再認識しました。

 

夜の夜景にはあんまり期待のなかった身ですが、くだもの公園から眺めた表通りのコントラストはキラキラと煌めき、小綺麗だと素直に思えました。「今度は彼氏を連れてきたいな」「その前に彼氏を作らなきゃな」こんな対話を交わしながら、その日の走行は終わりました。