車コラム

車コラム記事一覧

金曜日のミッドナイト、今日オデッセイを買った周囲が「くだもの公園に走行に行こうぜ!」と誘ってきました。身は二つ返事で可して、夜中の走行に行くことになりました。暗くなった山道を好きなMusicをかけながら、歌を口ずさみくだもの公園を目指します。オペレーションには自信のある周囲ですが、最初のうちは荒っぽいオペレーションで、幾らか恐ろしくなりました。ただし、友人のオペレーションはほんとに得意出向くて、慣...

マツダ・ベリーサにのぼり始めて、快適航行が可能になりました。ちっちゃなハイソサエティ自家用車という表現に引かれて購入したベリーサでしたが、内側の質感や形状が私の好みに合っています。何とか自家用車を差し換えたのだからと、恋人と共に海までドライブすることにしました。ベリーサに乗った恋人のコメントは「座り思いが良いね!」というやり方でした。単純な恋人のコメントに私は何かとベリーサにあたってしゃべりたくな...

モデルに乗って訪問したくなるタイミングは人によってなると思いますが、私の場合は取り敢えず夏季だ。夏は元気で爽やかタイミングですので外に出るだけで元気になります。免許を集金の時分は特に遠出するのが楽しみで平年夏になると海の辺りなどに移動に行きました。同士といった立ち寄る事が大勢若いながらにも現在やれる事態として各種場所に出向きました。若い年齢というのを過ぎ去りそうな現在ですとしばしば考えてからたまに...

僕がマイカーを所持した事は1都度しかありません。認可を取って通年、ついつい九州で長期訪問に出ていた瞬間、一緒にはたらくチーフから(この方は九州が田舎だ)「もう一度乗らないマイカーがあって、車検も通年、走行距離20万間隔、もらってくれない?」とのストーリーをもらいました。引き続き運営能力に自信がなかった僕は正邪!って二つレスポンスで可し譲ってもらいました。フリー保険に入る身の回り良い機会だと、肝要の...

俺の現時点で一番好きな車と言うとスカイラインGT-R 32フォルムだときっぱり当てはまるようになったBMW M3とかs2000とかシビック分類Rとかr32ーR34までのスカイラインとか色々あってもやっぱり平成元年のGT-Rの復旧は忘れられない500万の総計には反骨心しか当時出来上がりなかったけど無くなったとなるとやっぱ辛いスカイラインは思い切り乗ったけどR32のGT-Rだけは本当は乗っていなかった...

ふっと勢いである自動車を買ってしまった。なんだかんだ困り思い切って素直に動いてみたのですレヴォーグを試乗し、レガシィに分かれを知らせるマインドをある意味決めた。ありのまま愛するレガシィを友人に託した。明け渡すことになるのか?あるのかそれは現時点では言わばわからない。けれども局面ならすすむしかない。レガシィが居てもいなくても進めるとしたらちっちゃな目論見しかない。こいつ!って思い切っている自動車を購...

近頃代休を取り去りました。それぞれに数日前からサウンドがかかっていて絶えず悩んでいたけど都内から来ているという同士って江田島に行こうと言われていて行くことにした何故かお願いされるように自然に操作ダッグアウトへ試乗自動車以外でハイブリッドカーに跨るのは生まれてようやくいとも握りごこちのいいステアリングを握らせてもらいました。道案内が良かったからだと思いますが極めてスムーズに江田島お出かけを無事に終え...

初代シルビア、いいですよね。ブル310系のシャシ、姉妹車種のSP311の兄貴食い分(販売開始もシルビアが地点)でしたね。国中初のポルシェパテントのサーボ能力有4速フルシンクロミッション。クラッチ本体も従来のコイル型から、遠心感情に左右されない円錐外観による等、GTカーのニックネームに恥じない車種でした。身体細工はモーターショー出品定型はヤマハ、栽培編は殿内製作所でボディの継ぎ目は手動によるロウ設け...

「ポルシェ904GTS」全国グランプリにもタキ・レーシングから関与、S54Bスカイラインとの最前競合いは今も喋り草となっています。904は未だに憧れのはじめ席だ。エアークリエーター、ハインケル会社のバックアップの下に制作されたFRP製体にワーゲン本拠地(と効くながら単位ドラフト)のエンジン。試合に負けた枢軸世界中は軍でごはん食ってた技術屋が外に過ぎ行き、地下鉄や車つながりが極端に進化しましたね。7...

タルガトップが好きです。フルオープンほどのオープン発想はないものの、耐候性はクーペ人並みというちょこっと中途半端なマイカーたちだ。VIVIO穴場派を自認する私は勿論、T首席が好きです。RX‐Rを持っていてもほしいだ。T首席はスバル40周年の思い出愛車でもあります。今や最初卓の愛車、サンバーも40周年思い出愛車ですし、VIVIOで新設!!やはり良いです!かつてのACMA400(フランス愛車)に丸ごと...

犬とのウォーキングの途中でこういう2〜3日見掛ける自家用車。常にあるなぁ、といった不思議に思っていたら、たまたま違和感が・・・そんなふうに、分量プレートがありません。廃棄貨物です。なぜこんなことやるんやろ。只、組織の自分まわりが取り外しするんでしょうが、その価格は弊社が払っていらっしゃる税だ。分離屋君にとっていけば1〜2万円の片付けチャージで引き取ってもらえると思うのですが。その1〜2万円がもった...

日本の誇るピュア活動、“RX7” について。今から遡る振舞い約40年前の'67年、その原点です、コスモ・活動が発売されました。[マツダ・コスモ・活動]条件初の2ローターカテゴリーロータリーエンジン採択のスポーツカー。その様式もJAPANオリジナルの元来図案でした。当初の10A機種エンジンは110馬力を発動、後々希少切替により正面グリルの広範囲化、ホイール本拠&トレッドの進展がされ、エンジンも128...

知る人ぞ知る 究極のはじめ机、それは“ジネッタ”。ジネッタ事務所は、'58世代に英のWalklett4姉妹が開始した、典型的なバックヤードビルダーでした。当初はキットカーでの勧誘がHOMEでしたが、'6年間に登場したのがフォードの1.7リッター、ケント群れを搭載したFRスポーツカーの “G4” でした。どの車も愛車重600s程度というライトウェイトで魅力的ですが、その中でもG4は'90クラスに復旧...

英のバックヤード・ビルダーの “マーコス”マーコスは鋼管空欄フレームを採用した本格的なGTスポーツカー、1800GTを発表しました。当初のエンジンはボルボ製であったが、その時々により幾つかのエンジンに換装をされたあと、'80時にはローバーのVバージョン8気筒3.5リッターを搭載した “マンチューラ” として、バブル時代に少量が日本にも輸入されました。そのお化けマシン、マンチューラに乗ってました、コ...

“ジャガーE人間” 。こういう自家用車は、あたしが幼稚園に上がるか何とかという頃に画集で見て、「何て綺麗なんだ」と思い、後日自家用車(4輪)好きになる鍵となった土産すべきアイドルだ。大きく分けてSr.1〜Sr.3まであり、当初のアイドルは3.8リッターの直列6気筒DOHCエンジンを搭載していました。[Sr.1]ひときわ良い独自アイドル。クーペってードスターとの2種類の外装がありました。(あたしが熱...

デ・トマソ” と言えばマイカー好みならば直ちに “パンテーラ” の様子が頭に浮かぶでしょう。では、その前作の “マングスタ” はどうでしょうか?パンテーラも嫌いではないが、わたしにおいて究極のデ・トマソと言えば、マングスタなのです。マングスタは、'66年から'7通年まで生まれ、北米ではフォードの提供網として販売された。またエンジンもフォード製の4.7リッターV8を搭載していました。そうして、その図...

他人のホビーや道楽に文句をつけるのはバカバカしいは解っているし、自分も他人から見たら、「体躯はグループなのになぜ何卓もモデルを持っているの?」 と言われそうですが、独断と偏見で言わせて下さい。Googleで “痛モデル” をムービー検索したら、生まれるわ生ずるわ、たくさんのフォトが。しかもフェラーリやランボルギーニ等の優秀イタリアモデルもありました…何度も書きますが、これらの車の持主をバカにする意...

あんまり知られていませんがクルマは借り上げがお得な場合があります。自動借り上げの社は独自に安く車輌を購入できる社と提携していたりおんなじ業界であったりすることが手広く、一般の店舗と比較すると信じられないほど安く購入できる場合があるのです。店舗は飽くまで1店先が人相手に車輌を販売しているので、車輌の値下げ比率も店先毎の人向け度合でしか値下げができません。だが、自動借り上げの社の場合は組織を相手に借り...

7通年保持した愛車を、今月やっと引き渡すことになりました。理由は、普段の毎日でいまいち乗らなくなってしまったのでこの際だから保存費や駐車コストを節約したいと考えたからです。7年間の折、息子を病棟へ連れて行ったり、土日の発車やキャンプに出掛けたり、大きな家財を乗せたりといった、根こそぎお世話になりました。ただし最近は、息子も大きくなってきて病気もしなくなり、家族での発車もめっぽう少なくなってきてあり...

うちにはこちらが所有する古臭いハッチ裏面の乗用車といった、兄が乗っているボックスユニットの軽自動車があります。ともちょいちょい勝手に乗って行ったりして、割りと満遍なく2客席においておるといった趣きなのですが、兄の軽自動車はニューモデルで、私の乗用車によって10時世新しいものなのですが、最近の軽自動車はぐっすり出来ているなと、運転していて想う事が沢山あります。ひと度、院内が驚く程大きく設計されていて...